できるだけ化粧をひかえよう

ニキビに対して効果的な成分が含まれているからこそのニキビ化粧品ですが、それでも使うよりは使わない方が良いのは事実です。たとえ化粧品に効果的な成分が含まれているところで、ニキビ用の薬には勝てません。
もしもニキビができてしまった時、そしてどうしても化粧をしなければならない時はニキビ化粧品を使ってください。そして実際に化粧をする時にも、できれば患部を避けるようにしてください。まず患部以外に使い、最後に軽く塗るくらいにおさえておきましょう。

一番問題になりやすいのが、ファンデーションです。どうしても使わなければならない時には、リキッドタイプではなくパウダータイプを使うことをおすすめします。少しでもニキビが悪化する要因は避けた方が良いのです。
次に気をつけて欲しいのが、ニキビができてしまったから目立たないようにコンシーラーを使う人です。確かにニキビが目立つ状態はみっともないかもしれませんが、コンシーラーはニキビに対して悪影響を与えます。目立たなくさせるために使っても、ニキビが改善することが遅れてしまったら意味はありません。
化粧を超時間することは、肌に対して負担になります。そしてこれがニキビのある状態なら、なおさら大きな負担になってしまいます。メイク落としも、これまで以上に気をつけてください。